結婚指輪の費用負担はどっち?

婚約指輪は男性から女性に贈るものなので、費用の負担は男性側がするようになっていますが、結婚指輪の場合はどうなのでしょう。

男性が払う?それとも女性?折半?なのでしょうか。

◆特に決められていません

結婚指輪を買うことに関しては、こうしなければならないというものはありません。

どちらが費用負担しても良いのです。

最近多くなってきたのは、ふたりで出し合って買うという方法です。

ふたりでつけるものだから、折半して買おうと話し合って決めるカップルが増えているのです。

以前は、男性側が負担するのが主流だったようですが、だんだんと変わってきたようです。

◆ふたりの考え方次第

結婚指輪の費用負担については、男性が持つものであると考えていて、女性もそれでいいと納得すればそれでいいですし、男性が持つと言っても女性が折半でいいのではと提案して話し合った結果そうすることになったらそれはそれでいいのです。

どれが正解でどれが間違いというのはありません。

婚約指輪を買ったお店で結婚指輪も一緒に買うことになった場合、そのまま男性が負担することになることが多いですね。

女性がそれは少し心苦しいというのであれば、何か他の費用を負担するなど、よく話し合うようにしましょう。

◆プレゼントか記念品か

結婚指輪を男性から女性へのプレゼントと考えるか、ふたりの結婚記念品と考えるかで費用負担の考え方は変わります。

どう捉えているのかをふたりで話し合って、私たちの結婚指輪はどの位置づけか明確にしましょう。

カテゴリー: 結婚指輪は誰が払う パーマリンク